自己啓発・ビジネス

【意外に知らないデータ】FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

タイトル:FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

著者:ハンス・ロスリング/オーラ・ロスリング/アンナ・ロスリング・ロンランド

訳者:上杉 周作/関 美和

チンパンジーにあなたは勝てるか!?

冒頭には世界に関する3択クイズがいくつか提示されている。まずはやってみて欲しい。もしこの問題に全て正解したのであれば、本書で提示した「FACT FULNESS(ファクトフルネス)」が備わっており読む必要はないかもしれない。ただ恐らくは殆ど多くの方が間違えているだろうと著者はいっている。

著者が色々な国や様々な仕事に付いている人々を対象に、同じ問題を出したところ正解したのは、たったの2問。

相手は子供だった?

何らかの理由で満足な教育を受ける事ができない人を対象にしていた?

どちらも違う。それとは真逆で世間でいう所謂エリートを対象にしてこの正解率だったというから驚きである。

大学教授や著名な科学者、ジャーナリストや政界のトップという高学歴で国際問題に興味がある人たちだ。

学歴や性別など一切関係なく殆どの人が世界のことについて知らないという事実。チンパンジーでさえ33%の正解率(当てずっぽうで三分の一は理論上正解する)を取れるのに。なぜこのような事態が現実におこっているのか疑問から始まり丁寧に紐解いてくれるのが本書である。


思い込みを排除し事実を的確に捉える力

これだけ多くの人が間違えてしまうのは頭の良し悪しではない事がわかっている。その理由は人間の脳にある。それらを10個の要因に分けて事例と共に紹介している。はっきりいってこれは全員が読むべきだと思う。小学校でも中学校でも高校でも大学でも。いや学生だけでなく働いている大人も全て。それだけインパクトがあるし重要だと思う。毎日のように流れる悲観的なニュース。それ自体は実際に起こった事件かもしれないが、そこから我々が感じること、世論などは世界を正しくは映していないケースが多々ある。

これがどのような弊害を招くのか。世界中には様々な問題がある。極度の貧困、紛争、感染型ウィルス、温暖化など。

どんな問題でもそうだが、前提の知識や事実を誤まって認識していては、それらに対する対策も的外れなものとなってしまう。人の生命に関わる問題や地球規模の課題に対しては文字通り命取りとなる。そうならないために本書で幾度となく出てくる「FACT FULNESS(ファクトフルネス)」という人間の脳の性質である思い込みを排除して、データを基に事実を的確に捉える力が必要だ。

情報を鵜呑みにせず、まずは冷静になる。そしてデータを読む。一つのデータだけではなく、比較する。時系列も参照する。本書を読み理解できれば誰でも必ずできるようになる。そしてそれを継続する必要がある。

本能に逆らい理性を冷静に働かせなければならないが、誰にでもできる。いや、できなければならないと思う。私も冒頭の問題は散々だったが、読み終えて思考が変わった。ただ油断はできない。得た情報は変わっていく。データは変わる。世界も変わる。

この考え方が広まり徐々に皆んなが世界を正しく見る習慣をつける。そうなると世界は更に良い方向に向かっていく。話しが大きすぎるとか、そんな世界なんて関係ないとか言わないで欲しい。今すぐでなくてもいい。

どうしても嫌であれば、データを正しく読む力を身につけるため、だけにでも読んで欲しい。これはビジネスにも大いに役立つ。動機がどうであれ本書を読んでくれる方が一人でも増えることを切に願う。

恐らくそこから更に世界は良くなっていく。

以上、ヒント発見士ぴーちくぱーちくでした。

RELATED POST