小説・文芸

それまでの明日【ヒント発見士ぴーちくぱーちく】




タイトル:それまでの明日

著者:原 りょう 

原尞さんの作品は多分初めて読みました。殆どの著者が誰かとかは気にせず、装丁と帯でピンときた物を購入するようにしています。私は小説であれば謎解きものが好きなので、本書の帯に「ミステリが読みたい 第1位」と書かれていたのに釣られて今回は手にとってみました。

読了後の率直な感想としては期待してものとは違いました。面白くない訳ではないのですが、好みではありませんでした。これは私が本を購入する時のスタンスが原因です。小説では「謎解きが好き」と先に書きましたが、トリックとか密室とか、最後の大どんでん返しとか、そういうのを求めている傾向にあります。多分購入前に調べればどんな内容なのか知る事は出来ますし、作者の過去の作品から傾向も知る事が出来ます。ただ敢えてそういう事は殆どしません。

そうすることで色々なジャンルに出会う機会を潰したくはありませんし、予想もしない作品に出会える可能性もあります。今回は期待が大き過ぎただけかもしれません。

ただ勉強になる事はありました。面白かったのは登場人物の会話です。皮肉たっぷりなやり取りは見ていて面白かったし、サスペンスドラマとか映像が「文字列」から浮かんでくるのは凄いと感じています。あまり私の中に蓄積されているデータが少ないので的外れかもしれませんが、黒川 博行さんの作品「破門 (角川文庫)」に近いものが浮かんできました。

凄い驚きはなかったものの、これも一日で読み終えてしまいました。ただなぜタイトルが「それまでの明日」なのかはよくわからなかったなのが残念。

以上、ヒント発見士ぴーちくぱーちくでした。

RELATED POST