自己啓発・ビジネス

10年後の仕事図鑑【ヒント発見士ぴーちくぱーちく】どう生きる?

今を懸命に生きよ



本書は落合さんと堀江さんが何度か対談を重ね、それを書き下ろした共著という形をとっている。タイトルが「10年後の仕事図鑑」となってはいるが、未来は誰にも分からない。そもそも堀江さんは未来になんて興味が全くないとまで言い切っている。だからこそ今を正しく生きるために適切な情報とそこから導き出される可能性を常に考えていく必要があり、本書はそれを手助けしてくれる内容となっている

単純に10年後だとか近い将来に、「これこれこういう技術が発展します。だからこの仕事とこの仕事は無くなります。そうなる前にこういう仕事が儲かる可能性があるから気をつけようね」とかそういう類の話しではない。もっと本質的な内容になっている。

話しの始まりは現在まだ多くを占めていると考えられている「貨幣中心の経済」から「信用中心の経済」へシフトしていく(いる)。そうなった時に今までの価値観だとか常識といった普通の事が普通でなくなってしまう。常に普通は時代によって変化していくものであり、それに適合して行かなくてはならない。

特に現代はインターネットが発明され、誰でもどこでもいつでも指先一つで、ありとあらゆる情報にアクセスできるようになった。技術の発展も目覚ましくロボットやAIができる事が日々加速度的に多くなっている。そこから導き出される解は。

例えばAI。これにより様々な処理が最適化されていく。しかしこれを恐れたり避けたりするのは無意味。自然と受け入れることが大切。当然AIが入ってくることで殆どの処理を任せられる仕事もあるが、その分人間にしか、まだ出来ないことに目を向けて、そのクオリティを更にあげていく。他にもどのような価値を自分なら足すことができるのか、常に考えるようにマインドセットすることが肝心だ。

また、仕事の概念も転換せよと説いている。仕事はある「こと」があってそれをこなすために「引き受ける」が主流だが今後は仕事を「作るもの」に変わっていくという。その時に武器になるのが好きなこと、興味のあること、没頭できるものである。シンプルに好きなことにひたすら熱中する。それを散々やり込んで、できることを増やしていく。自分を価値資本で「価値の缶詰」にする。そして大量のインプットが出来たら毎日発信し続ける。そうやって、日々膨大な情報を仕入れて考えてアウトプットを繰り返していく。必ず行動に移すこと。それもすぐに。

リスクを取らず何も動かないこと、それ自体が最大のリスクである。リスクを取るのは勇気がいるように感じるかもしれないが、多分自意識過剰なんだと思う。私自身がそう。リスクを取って失敗することもある。けど周りの人はそんなの見ていない。気にするほど興味がないというのが殆どだと思う。恥ずかしいと思ってもその場だけ。自分が他人の失敗を何日も忘れず、事あるごとに陰口をもしいっているのであれば、それこそリスク。すぐにやめるべきだと思う。

また失敗とは何か。本書もそうだし多くの成功者も似たような言葉を残しているが「成功する秘訣は成功するまでやり続ける」と言っている。多分私たちの多くはちょっとつまづいたら、それを失敗と思い込んでやめてしまっているのかもしれない。でもそんなのは、なんでもない些細な事かもしれない。万が一本当に失敗したとしても、十分やり込んでいればそれなりのスキルが身についている。それが複数あれば、それこそ唯一無二の存在として、価値ある人材になっているはず。

ちょっと脇道にそれ過ぎたかもしれないけど、本書は今の仕事をどうするべきか、このままでいいのか迷っている方のある種羅針盤になると思う。様々な仕事を紹介し技術に代替される可能性が比較的高いものから、更に価値が高まるもの。そして一番大事な事は価値ある人間になり主体性を持って仕事自体を創造できる人材になる事、またその道筋を示してくれる。

以上、ヒント発見士ぴーちくぱーちくでした。

RELATED POST