小説・文芸

火のないところに煙は【ヒント発見士ぴーちくぱーちく】

残念ながら面白くなかった(笑)


「小説新潮」から「怪談を書きませんか?」と突然の依頼が入る。今まで怪談など書いたことがないのに何故?かつての記憶が蘇る。全6話からなるストーリー。

今回は帯に騙されて買ってしまった。「おもしろすぎて、恐すぎて即完売!!」
「王様のブランチ」で紹介。ゾクゾクがクセになる、中毒者続出ミステリ。
とのこと。

正直言っておもしろくなかったし、恐くも何ともなかった。残念。

最後に全ての話しが繋がり、大どんでん返しが来るのかと思いきや…。私の感覚が鈍いのかもしれないが、なんの抑揚も感じずあっさりと終わってしまった。
恐怖があるわけでもなく、複雑な仕掛けで「アッ」と驚く場面がある訳でもなく、久しぶりに失敗してしまった。

ただ本というのは読み手によって、全く吸収する知識、情報が異なるので、反対に面白いと感じる人も勿論いると思う。または、もしかすると、私の感性が異常で特殊なのかもしれない。

もし読まれた方がいて、面白かったよー、と思ったのであれば是非とも教えて欲しい。他人がどのように読んで感じているのかを聞いて勉強したいと思ってます。

以上、ヒント発見士ぴーちくぱーちくでした。

RELATED POST