自己啓発・ビジネス

読書の技法【ヒント発見士ぴーちくぱーちく】知の巨人



タイトル:読書の技法

著者:佐藤 優

膨大な知の源泉


著者は佐藤優さん。何冊か佐藤さんの本を読んだことがあるが、全くついていけない。別次元。知識の底が桁外れに深い。そんな著者がどのように作られているのかを知りたくて本書を読みました。

月平均300冊、多い月は500冊。
…えっ?嘘でしょ?ちょっと想像以上の異次元レベルでした。

その秘密が本書には書かれています。
で、結論から申し上げると、このレベルは可能かもしれないけど、相当時間がかかることは覚悟した方がいいです。誰でもどんなジャンルの本でも月に300冊が即可能にはなりません。

では読む必要ないのかというとそうではありません。この読書術を知ることで、今よりも効率よく、確実に知識をつける手助けになると思います。本書はその技法の入門編です。主に熟読術、速読術、超速読術に分かれていて、それぞれの読み方を教えてくれています。

この技法を身につける理由。それは「知力」をつけるためです。感情を豊かにしたり娯楽のために読書をするのであれば、本書は読む必要はないと思います。それらはゆっくりと味わった方がいいと思います。仕事で書評を書くという目的であれば本書の範疇には入るかもしれませんが。

で、知力をつけるためには「読書」が必要不可欠です。ネットサーフィンと読書では明らかに得られるものは違います。書籍にもよりますが、著者が体系的にまとめていたり、情報の密度が圧倒的に違ったりします。時事ネタであればネットの方が早いですが、その背景や考察、自分で思考をするのには、やはり読書に勝るものは現状ないと思います。

ただ本を読む行為はかなり時間が普通はかかります。人生で読める本の数は限られてきます。時間が最大の制約条件になります。だから何を読むのか、はたまた何を読まないのかを選別する必要だあります。「良書」、「自分に必要な本」、に絞らないと時間がいくらあっても足りません。

その選別のために、超速読で選別をして、仕分けし、その後速読、もしくは熟読を行います。その技法が書かれています。これは是非身につけたい所です。

と思いきや、読むと暗雲が私の前に立ち込めてきました。いや、想像は既にしていました。やっぱりでした。速読をするには、その本に関連する知識がある程度ないと出来ないと著者は言っています。

ですよね。私も速読術系の本はいくつか読んで試しましたが、一向に身につきませんでした。殆どの速読術は前提知識がある程度あるから成り立っています。理解できるからこそ、少し飛ばしたり、太文字を読むだけで、行間は脳がが勝手に埋めて理解出来ます。

全く知識がなければ指の運動、目の運動にしかなりません。佐藤さんもそう仰っています。だから私は速読は諦めて、一冊一冊から可能な限り情報を自分のものにすることだけに集中したいと思います。

もしあなたが、かなりの読書量を既にこなしているのであれば、是非速読術で仕分けを行ってみて下さい。



タイトルが「読書の技法」とあるが、読書だけには留まらない。ビジネスパーソンの勉強の仕方、知識の蓄え方、ノートの取り方、休む方法、著者の知の体系まで学ぶことが出来ます。

勉強というと受験勉強が私は頭に思い浮かんできます。あの学校で学んだりする不毛な。著者はそうではないと一蹴します。

「受験勉強が社会生活の役に立たない」という認識は間違っている。社会人が大学受験のレベルで必要とされる知識を消化出来ていないため、記憶に定着していないことが問題である。

本書より

ただただ反省でした。不勉強なだけのようです。暗記では意味がないだけであって、知識を消化していれば役に立つし武器になると。そもそも目的意識を持って、知識をどう活用するかとか、アウトプットまで考えて勉強すればこんな考えにはならない。反省です。ただいまをもって、考えを改めて勉強します。

本は借りて読むものではない。

本書より

佐藤さんのお父さんがこのような考えだったようです。私はどちらでもいいと考えます。読むだけであれば結果に変わりはないから。ただ借りた本に書き込むことは出来ないので、佐藤さんのやり方をそのまま真似ることは困難になります。

他には、借りたくても貸出中で欲しい時に読めないという弊害があります。本を読みたい時に読んだ方がモチベーションも高いままなので、吸収力に差が出てきます。個人的にはお金を出して買うべきだと考えます。

完璧主義は裏目にでる

本書より

ノート作りは特に目的と手段を明確にするべきです。必要なのは綺麗に取ることではなく、知識にすること。その視点は忘れないようにしないと、時間がかかり過ぎますし、納得出来ないと前に進めません。途中で挫折する可能性も高まります。あと一回で100%理解するというのも危険です。

・10冊の不正確な知識より1冊の正確な知識を身につける

・1冊のノートにまとめる

・手を動かす

・時間をかけない

・わからない箇所が一箇所もないような本は読む必要なし

・歴史小説で歴史を勉強してはいけない

本書

このように細かい所も多々ありますが勉強すべき点が多々書かれています。
ビジネスパーソンが特に身につけておくべきことは、高校レベルの基礎知識です。高校教科書と参考書をベースに、世界史、日本史、政治、経済、国語、数学を身につけた方が良いと言っています。

まぁ仕事上、これらが全く必要のない人もいると思います。人によっては、科学や哲学も入ってくると思います。要するに現代の教養を身につけると圧倒的に世界が広がります。特に海外でビジネスをする場合は、これらがないと話しにならない、会話にならない、下手をすると下に見られて、同じ目線で関われなくなる可能性があるようです。そんな可能性を狭めてしまうのは大きな機会損失です。

特にこれらの必要な教養の中でも大切なのが読解力です。全ての勉強の基礎です。資料を作る、読む、伝える、理解する。多かれ少なかれ読解力はどんな場面でも必要です。これがないと意図を読み違えますし、コミュニケーションも困難です。

ちょっと話しが脇道に逸れますが、漫画の話しが本書には出てきます。その読んだ時の視点が非常に面白いです。巨人の星、ゲゲゲの鬼太郎のねずみ男、これらからもビジネスへの転用が出来ます。何からでも自分の目的意識、解釈の仕方で如何様にも学べる機会となるお手本です。

最後に大切なのが、休憩。特に睡眠、佐藤さんはショートスリーパーのようです。もちろん工夫されて時間を捻出されており、一日4時間から6時間ほど読書(インプット)に時間を当てています。ただこれは中々真似は出来ません。私はやっとこさ3時間前後です(移動1時間、始業前1時間、帰宅後1時間)

手っ取り早く削れるのは睡眠時間ですが、これは絶対にしてはいけません。十分自分にあった睡眠時間を確保すべきです。私も以前ショートスリーパーを目指して、睡眠時間を削ろうとしましたが、無理でした。睡眠不足は最悪です。頭が機能しなくなります。睡眠時間は確保した上で、どう時間が捻出できるか、隙間時間で何ができるかは工夫してみて下さい。

著者はバケモノです。完全に真似することは困難です。しかし学ぶべきことは沢山ありました。反対にここまでするから、圧倒的な知を得ているのだと安心も出来ました。努力しているんです。誰よりも圧倒的に。だから私も努力して自分が必要とする知を得たいと思います。

よければ本書を手にとってみて読書を更に有意義なものへと昇華させてみて下さい。

以上、ヒント発見士ぴーちくぱーちくでした。

RELATED POST