自己啓発・ビジネス

2019年ビジネス書大賞 大賞】AI vs. 教科書が読めない子どもたち【ヒント発見士ぴーちくぱーちく】

AIが人間にとって代わることはない


本書はAI関連でよく話題、議論になるある種の妄想について、数学的観点と実際の結果からその妄想について反論しています。その妄想とは「シンギュライリティ」だとか「人工知能が意思を持って人類を攻撃する」だとかの類です。

本当の所は人によって人口知能、AIと一口にいっても漠然としていて「定義」が異なることが多い。定義が異なれば導き出される答えも当然変わってきます。これらの事を考える場合は、まず何を「定義」としているかをよく見極めなければなりません。

著者の新井さんは、AI、人口知能の定義を「人間と同等の知能を有するもの」と捉えています。だからそれを前提に読み進めないといけません。

新井さんはAI→ソフトウェア→数式で表現できるものと考えます。AIもコンピューターだから当然と言えます。人口知能は人間と同等の知能を有すると定義したので、人間の脳を数式化すれば人工知能は実現できる。そして人口知能が実現できれば、あとはその性能がどんどん上がる。上がって行くとある時に人間の脳を超える。その超えたAIが更に自分を超えたAIを作る。これがシンギュラリティ。

人工知能が人間と同じような、もしくはそれを超えた知能を持てば、いずれ人間を支配する。そう考えてもおかしくなさそうです。でもそれは数学者として絶対にないと断言します。

理由は明確で人間の知能を科学的に観測する方法がない→知能原理を数学的に解明できない。→スタートラインにさえ立てていない→不可能とまでは言わないが、近未来においては本当の人工知能が誕生することはないと結論付けています。

先のことは予測できないし、私も専門家でないので判断できません。専門家が全て正しいとも限りません。でも、人間のように自分で物事を理解し思考を巡らせ、アウトプットするというのはまだまだ先の事だとは思っています。

でもある特定の分野でAIが進化しているのも事実です。チェスや将棋の世界では人間を凌駕したAIが誕生しています。ルールが厳密に示され、決められた狭い範囲の中でそれに特化したAIは今後も増えて行くと思います。

そうなると心配になるのが、今の仕事がAIに取って代わられるとい危機感です。ここでも様々な見解があると思います。人が仕事を失うだとか、失っても新たな仕事が生み出され、人間をそれに従事するから問題ないといった意見。

少なからず、AIが進化していく中で、人間が今までやってきた多くのことが代替できるようになるのも事実だと思います。本書でも10〜20年後にになくなる職種トップ25が示されています。また計算によれば47%程度の職種が取って代わられるという試算結果もあります。

もちろんなくなる仕事もあれば新たに出てくる仕事もあります。問題は新たに生まれた職種が失業した人たちを全て収容出来るのか?そして新たな職種をAIよりうまく、そういった人が出来るのか?という疑問もあります。

そうなった時にどうしていかなければならないのか考えていく必要があります。そこでヒントとなるのがAIが得意なこと、今できること、反対に苦手なこと、今後も中々できないだろうことを考えることです。

新井さんは「東ロボくん」という東大に合格するためのロボット開発のプロジェクトメンバーです。名前から東大に合格できるレベルの知能を持ったロボット開発を、と想像してしまうが、実際は東大に合格することは出来ないと思っていたそうです。

真意は、AIにどこまで出来るのか、はたまた何が出来ないのかを見極め、AIに仕事を奪われないために人間はどんな能力を獲得しなければならないのかを、明らかにするためにメンバーを集めてプロジェクトを実施させた。

色々な方法を用いて東ロボくんは年々センター試験での偏差値をあげていき上位20%にまで入るようになった。しかし東大は無理という。これはコンピュータの性能が上がるとかそういう問題ではない。ここに人間の知能とAIの大きな壁がある。

様々な手法や実験結果から必要なのは「読解力」と結論づける。細かい所は本書を読んで下さい。AIは文章を読んで理解している訳ではない。大量の教師データ、過去データから答えを割り出す。文章を読んで理解して答えを出しているわけではない。簡単にいうとこういうこと。

それであれば「読解力」をつければ人間は代替されないとなるのだが、そもそも「読解力」が備わっていない人が非常に多いということが調査の末にわかった。

じゃあ読解力をつけるには有効な手段はというと、本書にはその解が載っていない。ここが困ったポイント。課題があっても解決法が示されていない。とじゃあ意味ないじゃんと短絡的に捉えてここで終わってしまうのもまたよくないと思う。

本書では読書をしても読解力との相関がないという。でもどんなジャンル?読み方は?今までで累計何冊?読んだ後のアウトプット方法は?と具体的なデータが提示されているわけではない。

今まで人は多くの読み書きをしてきた。昔は本が貴重で書き写したり、暗唱してきた。今でも賢人と呼ばれる人は本をよく読む。じっくりと考える。本を読み、何が書いてあるかを理解しようとする。分からなければ調べてまた考える。そこで得たものをアウトプットする。時には議論(対話する)。考えを深めるためにノートやメモにかく。電子書籍やアプリにメモでもいいかもしれない。(アナログや手書きの方が脳が活性化するというデータはある)

こういうことを習慣化すれば、読解力は上がると私は思っている。

更に言えば、読解力が全てなのかという問題。読解力がなくてもAIが苦手な分野はあると思う。クリエイティブなこと。例えば、音楽とか絵とか。

では音楽や絵をAIが創り出すことは出来ないのか?出来ることは出来ると思う。良い音楽を創るとかそう考えて創るのではなく、過去の色んな音楽をデータとして読み込み、そこから法則とか統計を見出して近しいものを創る。これなら出来そう。

でもそれが人間の心を打つかというと別の話。人間は音階だけでその曲やアーティストを支持している訳ではないと思う。人間性だとか曲を作るまでの過程だとか、色んな部分に共感する。

その曲も一人で作ることもあれば、色んな人のフィルターを通して作られる。全く新しいジャンルも生み出す。過去を模倣するだけでは生まれない。過去を知って、そこから新しいものを作り出そうとするから新たな音楽が生まれる。AIにそういった意思はない。

あと思うのは人間は全て効率的な事をやるだけが幸せだとも思っていない。無駄な時間、ボーとしている時間、ふざけている時間。悲しむ時間。おおよそこれらはそれだけでは生産性はない。多分AIは無駄な事はしないし、そこから学ぶことはない。でも人間は違う。

そういう人間らしさが解明されない限りは、AIに全て取って代わられることはない。AIが代替してもらえる所は代替して、人間らしいこと、自分がやりたい事に集中すればいいだけだと私は楽観的に思っている。やりたい事に能力が必要であればそれを習得すればいいし、AIがもっとうまく出来るのであれば手伝ってもらえればいい。

RELATED POST