自己啓発・ビジネス

20字に削ぎ落とせ ワンビッグメッセージで相手を動かす-プレゼンの極意-

20字に削ぎ落とせ

言いたい事が伝わらない。
説明がダラダラと長くなってしまう。
プレゼンテーションが苦手。

そんな悩みを持つ方は解決できるヒントが見つかるかもしれません。

20字にメッセージを絞り込め

人に商品を説明するとき。
自己紹介をするとき。
プレゼンテーションをするとき

私たちは日々色々なことを人に伝えながら生きています。

しかし、この人の話しは何を言いたいのか分からないなと思っと時はありませんか。
その反対でもいいで。
なんで伝えたいことを理解してくれないのだろう。

元々話しがまとまっていないケースはあるかもしれませんが、しっかりと調べて順序立てて喋ってるのに何故か理解できない、理解されないケースが多い。

それは仕方のないことなんです。

私たちはあまり多くのことを覚えられないのです。
沢山の情報が一気入ってきても処理できないのです。

例えば、
「この商品は既存の商品よりも50%も軽くて小さくなっています。しかもパワーは従来の2倍もある上静かなんです。形にも拘っていてシンプルで黒を基調としていてスタイリッシュです。場所を選ばずどこでも使えます。そしてこれだけ沢山の機能がついているにも関わらず、価格は従来の据え置きです。発売日も前倒しして年内には納品が可能です。しかも…」

どうでしょうか?

なんか沢山良い事が書いてありましたね。
でもこれを聞いて一体何がメリットだったのでしょうか?

いや、だからメリットは全部です。
これでは話しにならないのです。

今は文字として書いてあるから理解できるかもしれませんが、これを話されたらどうでしょうか?
特にプレゼンをしても、結局で何が言いたいの?となる事必死です。

筆者は伝えたい事が多すぎると分散してしまう。言いたいことは20字以内でシンプルにまとめて話さなければ伝わらないと言っています。

メリットが沢山あるのであれば、全部伝えたい。
その気持ちは理解できます。

でもそれは商品パンフレットに譲ってください。
製品一覧の機能欄にこれでもかと書いてください。

しかし人に伝えたい時は、そこをグッとこらえて贅肉を削ぎ落とさなければなりません
脂肪を捨ててギュッと引き締まった筋肉質なメッセージに仕上げる必要があります。

それがたった一つのメッセージ→ワンビッグメッセージ→「20字で語る」です。

では先ほどの文章を20字以内にまとめてみましょう。

「体は半分パワーは2倍の次世代掃除機2.0」

ちょうど20字ですね。

勿論もっと短くても構いません。
あくまで20字が伝わりやすい最長の文字数です。

余計なことを残し伝えたいことだけに集中してシンプルに成功しています。
すごい良さそうな商品ではないですか(笑)

こんな風にどんなことでも構わないので、様々なこ物を20字でシンプルだけど強力に伝わる文章をいくつも書いてみましょう。

ということで、終わってしまいました。
タイトル通り相手を動かすには20字まで削ぎ落とせ。
これができれば完了。

でも目的はなんでしたっけ。
文字が書ければ委員でしたっけ。

そうではありませんね。
相手に伝わるようにするんですよね。

文章が作れたら後はどうやって説明していくのかです。

実際本書のタイトルは「20字に削ぎ落とせ ワンビッグメッセージで相手を動かす」ですが、殆どの多くがプレゼンの成功させるための工夫について書かれています。

だから、自分の目線ではなく聞き手の視点が大切なんだとか、効果的ではない言葉は減らしなさいだとかも書かれています。

商品を売るためには機能の説明ではなく、それを使った先にある「未来予想図」を売れとも言っています。
要するに、消費者が得られる体験をイメージさせて、モノではなくコトを売りなさいということです。

目線の配り方や、冒頭のパワフルな質問も惹きつけるポイントだと。

正直このあたりは特別新しい事が書かれている訳ではありません。
しかし新しくないからといって意味がないわけでは当然ありません。

文章をつくりプレゼンをするまでの一連の行程が体系的に学べるようになっています。

話すのが苦手、頭の中で整理ができない、なんで伝わらないんだろうと悩んでいる方は勿論、スピーカーとして更に上を目指したいという方にも沢山のヒントが得られることと思います。

RELATED POST