自己啓発・ビジネス

簡単だけど、すごく良くなる77のルール デザイン力の基本-始める前に

総合的に「デザイン」を学ぶ

シンプルなデザイン

私はデザイナーでもなんでもありません。企業の販促担当でもなければ広告やマーケティング担当でもありません。それこそ本書「簡単だけど、すごく良くなる77のルール デザイン力の基本」を必要としている対象の読者でもないかもしれません。

じゃあなんで購入したんだと。そう思われるのはごもっともだと思います。私は本の中身よりも装丁でよく購入してしまいます。本書はその内の一つで、なんかシンプルで綺麗なデザインだなと思って購入してみた次第であります。

そうは言っても仕事で資料を作ることもあるしプレゼンをするときもあるので、デザイン力を身につけたいなとはどこか思っていたのだと思います。私にはセンスのかけらがこれっぽちもないので、あわよくばという程度の思いで本書「簡単だけど、すごく良くなる77のルール デザイン力の基本」を読んでみました。

タイトルにもありますがルールが77もあるのかと、そんなに覚えきれないし使いこなせないよ、と思ってしまいましたが、いざフタを開けて見るとそんな思いは杞憂に終わります。難しいことは書かれていないし、デザインについての本だけあって見やすいと思います。

デザイン系や資料作成についての書籍を読んで見ると、色はこう使えだ、フォントはこうだ、文字の大きさは何pt以上だとか細かく色々書いてあります。

写真はこうだとか、配置はこうだとか。

もちろんデザイン力の基本と題しているので、技術的な話しが出てこない訳ではありませんが、それよりももっと本質的な「デザイン」についてよく分かる内容になっています。

ちょっとしたコツで劇的に良くなる方法もあります。

でも、本書の一番のポイントとなるのは、私が思うにデザインをする前の準備、構想、判断基準と言った、紙やパソコンのソフトウェアを使う前の根本的かつ重要な「デザインをする上での心構え」を学ぶことができるのが、本書「簡単だけど、すごく良くなる77のルール デザイン力の基本」を読む一番の利点というか大切な部分だと思っています。

本書内にもこのように書かれています。

「デザイン」とは、単に文字や写真、イラストを並べたり何かを飾り立てる技術のことではありません。「デザイン」とはもともとラテン語で、「ある方向性を持って計画を進める」という意味があり「設計」と訳されます。

本書より

もちろん本書からデザインをする上でのテクニカルなことを学ぶことができるのですが、その前段階の設計方法から勉強することができます。これが一番大きいです。

私にはデザイン力の「デ」の字もありません。

プレゼン資料を作る時に昔はいきなりパワーポイントもしくはキーノートを立ち上げて作り始めていましたが、別の書籍でいきなりパソコンを使うな、A4ノートで手書きから始めよ、というようなことを学びました。

本書で言っていることもまさにそれと同じで、闇雲に作り始めるのではなく、そのデザインを作る背景や意味、どんなコンセプトを希望しているのか、また何を希望しないのか、見せる相手は誰なのか、どんな媒体なのか、といったように「設計」から始めることを勧めています。

取り掛かる以前の問題からデザインの基礎と応用までが学べる一冊です。

またデザインに関してど素人の私だからかもしれませんが、見せる相手の人数別デザインであったり、様々な媒体を想定し一つのデザインでそれぞれに対応させる手法なんかは目からウロコでした。

昔は新聞やテレビといった媒体は限られていましたが、今では、アイコン、ツイッター、フェイスブック、インスタ、ホームページ、とそれぞれの大きさやターゲットも異なります。

どこでも使えて、でもコンセプトは一緒で伝わるデザインの作り方は現在のそれにマッチしているので、読んでみて損はないかと思います。

本書は10章からなり77のルールで作られています。章の間にはちょっとした小話もありますが、このちょっとした小話が非常に勉強になります。

人間の目の錯視の影響でフォントの縦と横の幅を微妙に変えているものもあるなどは知らなかったですが、実際にみてみると、良く考えてフォント一つ一つが作られているのだなと思いました。

このあたりを読むと本書内の冒頭にこう書いてある理由が分かるような気がしてきます

デザインとは、「プロジェクト成功のカギを握る、創造のための知識・教養」だと私は考えています。

本書より

デザインだけに止まらず、知識や教養まで学べる一冊ですので、ご興味あれば手にとってみてください。

RELATED POST