小説・文芸

魔弾の射手 :天久鷹生の事件カルテ-安定して面白い医療ミステリー

いつか映像化されるかなーって思ってます

以前にこの天久鷹生シリーズを読んだ時にも思いましたが、テレビドラマでも観てみたいなーと。全てのシリーズはまだ読めておりませんが、今回の「魔弾の射手」も面白かったです。

私は好んで推理小説を読むのですが、この作品は推理というかミステリーの種明かしも、それはそれで楽しく読めるのですが、一番惹きつけられるのはやっぱりキャラクターです。

このキャラクターが小説という、文字列だけなのにも関わらず、生き生きと動いて、それこそテレビドラマを観ているように、映像が目に浮かんでくるんですね。

多分読んでいる時に、好きな俳優さんを自然と当てはめながら読んでしまうと思います。

まずなんといっても個性的なキャラクターで類まれな頭脳で名推理を披露する、病院の副院長であり、統括診断部の部長である天久鷹生(あめくたかお)。少し名探偵の設定としてはベタかもしれませんが、興味のある事以外は普通の人が持ち合わせているであろう感覚が少々というかだいぶ欠落している。

特に人の気持ちを全く考える事なく、目的遂行のためならえんやこらーです。他人を平気で振り回すし、傷口に塩を塗りまくる態度や言動をしてしまう。

でも甘い物に目がなかったり、お姉さんに頭が上がらなかったりと、弱点というか人間味もある。だから憎めない。

そして、天久鷹生に振り回されながらも献身的に仕える小鳥遊優(たかなしゆう)。同病院に勤務していて、コミュニケーション能力に大きな欠陥がある天久鷹生と相手との潤滑油の役目を果たしつつ本書の語り部を担う。

小鳥遊はいつも天久に振り回されるがもう一人頭を悩ませる人物がいる。それは研修医の鴻ノ池舞(こうのいけまい)。面白いという理由で色々首を突っ込んだり、小鳥遊をからかうことを楽しみとしている。

この3名が警察が事件性はないと判断した事柄を独自で調査し解決をしていく。

今回の内容を簡単に説明すると〜

 

・時計山病院という自殺の名所と知られている廃病院がある

・時計山病院は昔医療ミスを起こしいる

・一人の看護師が時計山病院で転落死をし警察は事件性なしと判断する

・その娘は自殺をすることは絶対にないと否定する

・真実を明らかにする為に独自の調査を開始する

これだけだとあまり面白そうには見えないかもしれませんが、これは私の伝える力の欠落と文章力のなせる技によるので安心して下さい(涙)

ネタバレさせても多分面白さは半減しないと思いますが、知りたくない方もいると思うのでいつもの如く書きません。

本シリーズは医療ミステリーではありますが、専門的すぎることはなく分かりやすい作品です。すごく凝ったトリックだとか、完全予想外の展開を期待していると物足りないかもしれませんが、全編通してキャラクターのやり取りなど面白いので、気になってどんどん読んでしまうと思います。

これを機に「天久鷹尾シリーズ」を全部読んで見ようかなと思いました。

RELATED POST