小説・文芸

占星術殺人事件 改訂完全版-読者への挑戦

この謎があなたに解けるか?

こんにちは。
ヒント発見士ぴーちくぱーちくです。

今回ご紹介するのは島田荘司さんの「占星術殺人事件」です。まず読み終えた感想ですが、超絶弩級に凄い作品ですこれ。非常にボリュームがあり読み応えがあるのですが、何も文字数が多いからとかそういう意味ではなく、緻密に計算し尽くされたトリックや、膨大な知識量、そこから生み出される物語にただただ圧倒されます。

読み始めは、なんのこっちゃかよく分からない、すごくマニアックな話しと猟奇的な設定で敬遠してしまいそうになりましたが、読んでいくと文字通り目が離せなくなります。

それでいて正統派な推理小説だから舌を巻きます。

何が正統派なのか。

話しは約40年以上前に発生した3つの殺人事件の真相を暴くところにあるのですが、それらの殺人事件には詳細な記録が残っています。

当時の現場の記録。関係者の証言。警察の捜査記録など。

それらが全て登場人物および読者にも提示されるのですが、その中に全ての真相があるのです。

しかし、どこからどう考えても真相が全く分からない。どうやっても容疑者が浮かび上がってこない完全不可能犯罪にしか見えないのです。

でも真相はある。

作中でも著者である島田荘司さんからこのように挑戦状が読者に叩きつけれます

少々遅かったかもしれない。しかしこれも、完璧なフェアプレーを期するこてゃ無論だが、一人でも多くの読者にこの謎を解いて欲しいがためである。

勇気を振り絞り、私はここらであの有名な言葉を書いておこう。

「私は読者に挑戦する」

今さら言うまでもないが、読者はすでに完璧以上の材料を得ている。また謎を解く鍵が、非常にあからさまなかたちで鼻先に突きつけられていることもお忘れなく

本書より

どうですかこれ。悔しいですが私は全く分かりませんでした。全ての答えが書かれているだけでなく「鼻先に突きつけられている」にも関わらずです。

しかもこれだけでは終わりません。

露骨なヒントを示し、さらには犯人まで登場させた。しかしこれでもやはり大多数の読者は、まだお解りでないと推察する—–

—-事態がここまで至れば、もうそろそろ解いていただきたいと思うのだが

本書より

ガー〜ーーん。
お恥ずかしながら私にはさっぱりチンプンカンプンでした。

でもこんなことを書かれたら読んで解いてみたくなりませんか?なりますよ普通。

もしそう思ったら読んで解いてみてください。

恐らく解けない方がやはり大半だと思いますが、安心してください。最後に全てが明らかになりますし、誰でもわかるようにしっかりと解説してくれます。

そして悔しいと言う気持ちが多少なりともあるかもしれませんが、痛快スッキリすると思います。

よくもまあこんなトリックを思いついたなと驚くと思います。

そういえば話しは突然変わりますが、本書を読みながら倉知淳さんの「星降り山荘の殺人」を思い出しました。あの作品をフェアすぎるほどフェアです。

星降り山荘の殺人
正統派推理小説好きなら読もう-新装版 星降り山荘の殺人正統派の推理小説好きにはおすすめ 私はこの「星降り山荘の殺人」をキャンプ場で読みました。キャンプ場はもちろん山。なかなか不謹慎な場所を選...

まあなんにせよ、推理小説が好きでまだ読んでいないのであれば絶対に読まないと損してますよって強く言える作品でした・

スポンサーリンク
RELATED POST