小説・文芸

御手洗潔の挨拶-魅力的な探偵-

推理ものの話しには必ず登場する魅力的に探偵

この御手洗潔という探偵を知ったのは同著者が書いた作品「占星術殺人事件」がきっかけでした。こんな風に書いてしまうと魅力は半減してしまうかもしれませんが、どこがぶっきらぼうでコミュニケーション能力の一部が欠落、しかし常人の域を超えた観察眼と推理力で謎が大の大好物。

推理小説では定番かもしれませんが、この御手洗潔という探偵が魅力的で私はファンになってしまいました。おそらく語り手である西岡君もそうだと思うし、著者の島田さんもそうなのではないかと勝手に思っています。

島田さんがそう思う理由は著者あとがきからそう感じました。初めは一体急に何を語っているんだろうと思いましたが、なるほどそういうことなのかと。これは手にとって読んで見てください。

あとは何と言ってもやっぱり著者島田さんの綿密で理路とした設定と話しの展開、そして時折見せる挑戦的な「読者に挑戦する」という、最初から最後までしっかりと読み通し、理詰めで考えれば必ずトリックを暴くことができるようになっている、にも関わらず絶対に謎が解けないという悔しいけどしてやられた清々しさが味わえる所が魅力です。

うん。面白い。

読んでいて引き込まれる。

どんどん先が気になってやめ時を見失う。

登場人物の魅力と事件、トリックが見事に合わさると本当に面白くて、止まらなくなります。

よければこの御手洗潔にハマって見てください。

スポンサーリンク
RELATED POST